このブログは、ver.3.0にシフトして、他のサイトとともに統合、引っ越しました。移転先↓
TU de JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2017/09/26

CW Freakでハイスコアを出すコツ、五箇条


中々ハイスコアが出ないかたのために。足かけ7年半、毎月やってきた経験からの経験則です。

(1)風呂上がりにやると良い。

(2)グッタリ疲れているときにやると良い。

(3)ハイテンポでエレキの効いた、うっさい音楽を聴いた直後にやると良い。

楽曲の例:(私はアルトな女性ボーカルのライブ映像が良いようです)




(4)良いヘッドホンを使う。(密閉型の通信型ヘッドホンが良いようです)

(5)良いサウンドカードを使う。(いまは安いUSBドングルでも良いものがあります)

ハイスピードなモールスを聞き取るのは、才能も大きいですが、努力次第です。ぜんぜんスコアアップできないと思っていても、それは踊り場であって、ある日ひょいと次のステップに登ることができます。

それまでの辛抱が中々むつかしいんですが。

↑ブログトップページへ

2 件のコメント:

  1. 移転おめでとうございます。

    無線の世界ではノイズレベルが高く、狭い範囲にAGCで圧縮された音が詰まっていますから、そこらあたりの処理の仕方が効いてくるんじゃ無いでしょうか?

    実際のコンサート会場では「会場内の人間ノイズによるS/N比」ってのが意外に悪いですね。
    ハイレゾと言ってもさまざまなノイズを消してあるので、それを有難がるマニアの感覚には、ついて行けませんです。

    返信削除
  2. おはようございます。これコメント承認制なんですね。めんどくさい。

    人間のS/Nっていうと、低いレベルで言うと、この手のポピュラー系では客質が悪すぎ。一緒になって歌うなと。こっちは誰がどういう音を出してるかじっくり聴きたいのに台無しです。仕方ない、これまたミキサーで平板に加工されたライブCDで聴くことになります。

    でもじゃあ、東フィルでもベルリンフィルでも良いですが、大人買いして独りで聴くとどうか?っていうと、適度な人肌が無いと、たぶんダメなんでしょうね。

    返信削除