このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

HF Doppler investigation by
HLL Seoul Meteorological Radio


IBP Beacon reception report
* Past Log ( Blogger )

View Propagation from JA
Sister site : View IBP Beacons
【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2018/02/19

IR4Mコンテストステーションのハンパない飛びを見る (CQ World Wide RTTY WPX Contest 2018 スキマ捕捉結果)

先に開催されたCQ World Wide RTTY WPX Contestのスキマ解析結果を出しました。

JF2IWL-#スキマが捕捉した結果解析
(SH5コンテストアナライザに依る ふつうのCQと壊れ捕捉を含みます。)

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2018/2018_cq_ww_rtty_wpx_contest_jf2iwl_s/index.htm

ちょうど黒点がまろび出て、だがお約束通り擾乱が入るので、「二日間とも良い」、ということはありません。

もはやCondxを議論することに意味はありませんが、今回特に目を惹いたのは、




SO-40Mシングルバンド部門にもかかわらず、マルチオペのLX7Iなどを差し置いて138回も捕捉、こっちの真っ昼間に飛ばしてきたIZ4NIC@IR4Mコンテストステーションです。

IR4M Romagna Contest Team



なんか上の14メガ6エレが危なっかそうな継いだ2段タワーに4エレOWAビーム。

去年の3830によるとJA向け2エレ固定もあるようで。で、パワーはおいくらかしら?

ですがデータベースを見てみると、P3Xや5B4のアジア勢には勝ててないのがEU勢のつらいところ。



CWでは爆速オペ揃いなので即座に、「代れ!」、ですが、フォーンならEUのオペよりは上手い自信はあるので、WWPHでこういうEUビグガンから出てみたいものです。ピザとかトリの丸焼とか食いながらヘラヘラ。

あそこはイタリアらしく、ちゃんと本格的なカマドがあって、ちゃんとシェフのおっちゃんも居るの。

↑ブログトップページへ

2018/02/18

YB DXコンテスト、その結果と賞状、およびKCWAコンテストの失格者における、日本とインドネシアの遙かな距離について

赤い糸で固く結ばれたJA国とYB国ですが、年初に開催されたYB DXコンテストの結果、さっそくメールが届きまして、

全員にもらえる賞状がわたしももらえました。





この左に配置されたルーズリーフ24穴みたいなデルフト陶器っぽい文様に川沿いの夜景ってオランダテンプレなのでは?

しかし現代的で中々良いデザインです。

UBNレポートも同時に出てまして、





YB1ARが31番送ってきたのを21番と取り違えていました。これ発声が、ホントにわかんねえんで、全員を真剣に聞いたつもりでしたがやっぱダメかー。

==
他方、注目のKCWAコンテストの結果も出ていました。





あっと、なにも悪いことしてないのに、また不運な失格のかたが・・・

で、注目の主宰者のかたの感想ですが、


コンテスト感想(略)


「クラブ局の扱いに慣れて来られた」、って、られた表現の言い草がスゴイ。まったく衰えの見られないキレるワザです。

ログ照合用、やっとで手に入れた安心のPC9821 DOS機が壊けたらKCWAコンテストも終わりなのかしら?、、、言うてもシロウトさんやからしかたないんですけど、

YB DXとKCWA、このふたつを対比して見るだけでも、「アジアオセアニア振興国の幕開けと日本国の幕切れ」、っていうのが身に沁みて実感されます。

日本国内では、いままさに、満場総立ちで「アンコール!」の大合唱が沸き起こっているようですが、そういう群衆にまみれていると、トイレやタクシーが満杯に混雑し、帰りが遅くなるだけなので私はとっととホールから出ます。

↑ブログトップページへ

2018/02/17

IBPビーコン捕捉と気候変動研究にアマチュア参加の意義について

地味な観測基礎研究はつねに楽しい。 

暮れに、とある某国の国立の研究所(国立市の研究所ではない)のかたからメールあり。

図らずも、わたしの吐いている道楽オープンデータ(アマチュア無線のではない)が、とある長期変化研究に役立つんださうです。なるほど。

同じく道楽でやってるスキマでIBPビーコン捕捉プロジェクトですが、2018年1月の捕捉結果を出しました。(SH5コンテストアナライザに依る)

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2018/2018_january_ibp_ncdxf_beacon_skimmer_reception_jf2iwl_s/index.htm

12月が約2000回捕捉、1月は日が延びるので増えるかしら?、と期待しましたが1900回ほどと、むしろ若干の落ち目。寒さのせいかしら?

バンド内訳は、




28メガ、クビの皮一枚で生き残り、奇跡のVR2B/Bを1QSO。

捕捉ビーコンは、



約10ヶ。 同じ距離のOH2B/Bは取れないのに、オーロラまっただ中のVE8AT/Bが取れてるのが不思議。

ビーコン捕捉DXCCチャレンジは、



お変わりありません。

トップオナーロールまで、ラストYV5B/B残すのみで延々待たされ、いつになったら取れるんかなあ。

春になったら、OH6BGみたいにアンテナをトライバンダに変えてカリブに向けたろか!?

、、などと不穏なことを思つて居る今日この頃ですが、このIBPスキマ捕捉も、長い目で太陽変動の10年先を見た、お年寄り生きがい事業になります。

↑ブログトップページへ

2018/02/16

春の予感、そんな気分・CWOPS Mini-CWT(2018年2月第2週)

シンシア。


この歌のように、北半球各地から春の便りが聞かれるこのごろですが、






お日様も活性化し、こんなふうにW6WX/Bが取れるようになってきました。

ですが「春」、といふのはぜんぜん良い季節ではないです。木の芽時という言葉もあり、むしろ悪い方が多く活性化するのでちゅういです。

その好個の例としては、

文部科学省が高校指導要領改定案を発表 「わが国への愛情」を初明記・・さんけい新聞


あっと、ピョンヤンオリンピックに韓国を叱りつけに行ったはずのアタマの足らない安倍君、美女応援団にかんたんに丸め込まれ、日本国憲法違反である「国家からの思想の押しつけ」、

日本の教科書にモロに、「国への忠誠」を明記、日本が北朝鮮になってます!

今頃は、指導要領改訂騒ぎでやってられない霞ヶ関文部省、あるいは、ダラダラと永遠に引き延ばしてたのに、ついにこの日が来てしまった勘定系統合のミズホ銀行、

血の雨が降っていることとお見舞い申し上げ。 みな一刻も早く現場から離れ、即刻家に逃げるように。






わたしもちょっとバブルの株で儲けた3億ほど、ハートのマークの第一勧銀の休眠口座だったのを思い出しまして早く下ろしてこないと。

・・・そんな東京砂漠に嵐が吹いた紀元節、生殖の始まりを告げるバレンタインのころ、

3.5メガ、国内のJT、FTモード局もはっきり聞こえるようになってきて、その真上から思い切り被せてコールしたりして。


 HP-1Radio(30min.)


30分で10QSOできて終えました。

呼び回りしてる局狙いでCQ出して、N3BB、N7NM両局から呼ばれたのが今回のヒットです。

==
2018年2月第2週の結果 



ラスでは無いけれどHP部門ではラス引いてました。

↑ブログトップページへ

2018/02/15

ブーベ3Y/Bへの伝搬研究(最終編) およびプロジェクト成功の失敗学について

ぜんぜん前に進まない、きのどくなベタンソス号ですが、あともう少し!、地べたまであと2日の辛抱のころ、

KH1/KH7Z – Baker Island・・・DX World

太平洋方面で新たな紛争が勃発していました。

これはJAからはイージーだが、北極越えで難しいEUや、冬の南半球からの情け容赦ないブーイングが、、。

しかし陰湿な日本と違い、こうやってオープン大合戦やることは良いことですよ。桟敷席から見ているぶんにはおもろい。

そんな、誰もが忘れたフリ、無かったことにしている3Y0Zチームですが、帰還の途中も、腑に落ちない点が多々ある、ブーベへのパスを探索まくっていまして結論です。

まず、

(1)初歩の疑問として


3Y0Zプロジェクト公認、K6TUらによるVOACAPオンライン予測、JA~3Y0Z間の予測ですが、




左図、ショートパスの14メガ、12Z~14Zがオレンジなのが直観的におかしい。

なんとなれば、2月4日のその時間、




JAは夜でありブーベは真昼ですし。

これは、「ハイバンドは夜から昼には一歩も出られない」、の伝搬原則に反する。


(2)これを裏付けることとして

ブーベ島近くのドイツ南極基地、DP1POLの14メガの飛びを見ると、1月29日の15Z、





遠方はグレイラインが終点、夜側には飛んでない。

また、




JAに飛ばしてくるのはグレイライン沿いの23Z、こちらの朝であつた。

これを裏付けることとして、DP1POLのFT8生ログをPSKRから引いてSH5コンテストアナライザで解析してみると、14メガのJA





DP1POLはほぼ24時間営業であるにも関わらず、やはり12Zにパスは無く、23~00Zに濃く存在する、すなわち、いくら極バスであってもグレイラインの法則に則っている。


その傍証として

過去の3Y5Xや3Y0Cの交信記録をインターネットから拾ってみると、むろん西側崖下からの運用なのでロングパスが優位であるが、夕方06~07Zにチャンスがあったみたいだ。


そのときの大圏マップは、



23Zのこちら朝、双方がグレイラインに乗った瞬間

07Zは、


こちら夕方に双方がグレイラインに乗った瞬間である。


以上のことから

VOACAP(オンラインじゃないやつ)での検証

2月4日、SSN=0、パワー=100W アンテナは送受信とも無指向性ホイップ、ブーベ島~京都、14MHzの時間/電界強度チャート。

ショートパス




じつはピークは12Zではなく07Zなんですよ。このときの電界強度はマイナス16dBμ。


ではロングパスは、





電界強度はマイナス32dBμとかなり落ちますが、確かに07Zと21Z、グレイラインパスで赤パスがある。

これをMUF/電界強度・魚群探査三次元チャートで見てみると、ITURHFPropでの計算結果。


ショートパス



MUFの最大点は08Z近辺にあり、だが14メガに魚は居ない。12Zはさらに下がる。当たり前だ。

ロングパス



07ZのMUFは14.4メガだが、じつはこっちの方が色濃く蓋然性が高い。これは過去の証言とも一致します。

以上のことから

結論



わざわざ危険な崖の上にまで登る必要は無かった。

、、です。

おそらくK0IRは過去の経験から、




3Y0X、ピーター1世島のこんなよな、海際の穏やかな雪原を想像していたのではないか。だが実際に行ってみたら、




迫り来る恐ろしい崖っぷちで呆然。

表面がルーズかファームかソリッドかどうかすらも、「アンノウン」なのに、あんな巨大シャックを建てようとしてたのか。

このプロジェクトの失敗の本質は、ベタンソス号のエンジン故障でも悪天候でもありません。自らを省へり見ず、過去の成功体験の前例、栄光を引きずった、盛りすぎの無謀な計画にあります。


また失敗学のコア概念のひとつとして、再失敗予防のため、


知識配布 (KD: Knowledge Distribution)

という重要項目がありますが、これにも失敗しています。

3Y5Xや3Y0Cの過去ログを、サフィックスを伏せてオープンにし、解析、また過去QSOしたひとたちが知恵や経験を出し合い共有すれば、「JAはこの時間が良かった」など、皆でいくらでも議論ができたはずです。

それを秘密主義で、なし崩しにしてしまった。多発する企業の不祥事といっしょ。


今後に向けて

考察と結果は以上ですが、飛騨の山奥からからは一歩も出たことの無いド田舎もんだが、この2週間、VOACAPでは世界何十ヶ国も旅して検証しまくったわたくしからひと言述べますと、

再掲




2月初旬であれば、14メガは07Z、おそらくビームは120~150度の南鳥島から~ZL~南極越えのSkewed Pathがいちばん有力だろう、すなわちサイトの場所は安全な崖下の海岸で良い。

7メガについては、むろんショートパスのほうが良いですが、

再掲





こっちの夜明けとブーベの夜明けの、ふたコブ駱駝。17Zと21Zにチャンスがあるだらう。


・・・この3Y0Z失敗騒ぎは、DXCCにはなんら関係のないわたくしにとっても、生きて行く上での、非常にためになる失敗モデルケースでした。

以上の能書きは、「他人の」、誰をも説得、説き伏せ、もしくは同意させようとするつもりはまったくありません。「わたし自身だけ」が納得し、得心がいけばそれで良いだけのことですので。

↑ブログトップページへ

2018/02/14

大学入試小論文の習作 「モールス通信は耳で聞かなければならないのか?、における、アートと芸術とCWフォーエバーに関する論考」

I don't use any software to read CW

っていうキャンペーンが不幸の手紙みたいにして世界を廻つて居るようで、これ↓を自分のQRZ.comページに貼れ!言うわけです。





いやいや、ご自分の脳ミソがそもそもソフトウェア解読器なのでは?、

、、っていうと議論が1ミリセカンド秒で終わってしまうので、折しも大学入試の季節、少し詳細に論考してみます。

では先ず、あまりアテにはならないが、モールス符号とは何か? Wikipedia日本語版さまにお伺いを立ててみます。

モールス符号・・・イキペデア


初期の送受信機
~受信機としては、1837年にトミーが発明した、紙テープに電磁石で動かした針の圧力で刻むエンボッシング方式が最初に使われたが、~(略)~1854年にトーマス・ジョンがインクで印を付ける方式を考案した。また1860年代には、紙テープを動かして固定したペンに接触させたり離したりする方式に改良された。



あっと、「無線通信の歴史を守ろう!」のキャッチフレーズに対して最初からイキナリ自動モールス解読機が登場。。。あつけなく論破されてしまいました。

念のため、A1Clubのモールス符号の項を見てみましょう。


規則正しい符号の長短のON/OFF組み合わせだけで、文字をあらわすことができる、まさにデジタル方式の元祖ともいえるものです。

然り。長短のON/OFF(正確に叙せば可変長のON/OFF)だけで文字を表せる、きわめてすぐれたデジタル通信です。

オンとオフだけで通信ができるのですから、「本棚に並んだ本を立てる/寝かせる」、「壁越しに叩く」、「10円玉の裏/表」、、、

極端にはビロウな話、「自分のひり出したウ●コの並び」、ですら通信が可能です。だから映画などで、ミステリアス、緊迫的な場面を演出するに、多彩な手法でさんざん使われる。

近年話題ではこういうの。





では、「CWはアートなのか?」、っていう、藝術家であるわたしにとってもきわめて深淵的な命題についてはアートです。

“art” っていう語を論じ始めればキリが無いのですが、ごくふつうに「アーテフィシャル」=「人工の」、っていう観点からすれば、モールス符号は人間が作ったんですからアートに決まってるじゃないですか。

この場合の人間=人類=humanとは




パイオニア探査機に描かれたやつ。小学校のころ、どうかと思ったワイセツ画像。


で、アートであるモールス通信を、耳で聞く趣味や訓練として行うべきか、電磁的印刷やPCで行ってはならないのかには正答はありません。

なぜなら「アート・芸術」とは、他人に感動してもらうものではない、自分自身の感興、実感にしか基づかないものだからです。

プロ通信なら散文的な正確性が求められもしましょうが、専ら個人の興味にしか依らないアマチュア業務においては、自分自身の感興があふれ、自分が満足しさえすれば各人各様で良いじゃないですか。

また、「モールス符号が絶滅の危機に瀕している」、とお嘆きのOMさんも数多居られるようですがそうではない。

モールスコードの、その合理的かつシムプル、神秘的な美しさに惹かれてこんなの。





モールスコードからインスパイヤされ、またはオマージュして、若い人たちの間では、こんな美しいアイテムが世界中で流行です。

これを隠しラブメッセージだと胸に付けていると、おっさんは即座に解読してしまうので若い女の子は気をつけるように。

そしてファクシミリとかインターネットとかなんとかデジタルモードとか、、これらはすべて専用機械装置とデンキが無ければ、ひと文字の通信すらもできません。

それは試みにFT8のことを思つて見れば良い。





こんなイモムシみてえな8値フェーズシフトキーイングで、たった「A」のひと文字を送受信するのにトロクサイよな、どんだけ苦労してるのかと。

これがモールスなら紙にエンピツで「・ ―」、って書くだけで通じます。ケムリのオンオフでも何を使ってでもやれます。

だから緊急非常の場合を想定して、いま再び米軍で見直され、諸元では、「A1A」といふ、栄誉あるエースの背番号が与えられているじゃないですか。

・・・以上のことから、結論として、モールス通信はアートであって、人類最後のその日まで最期の通信手段として遺されるフォーエバーであることがきれいに証明されました。


なほ、モールス符号のユネスコ無形文化遺産については、



「遺産」の名の通り、あれはカブキや文楽、高山祭など、「カネのむしり取れる屍体」 に対しての蔑称ですから、ちゃんと生きていて、しかもオカネの無いモールス符号に対しては与えられません。

モールス符号はそれ自体でしっかり自立しているのですから、乃村工藝の奇跡の一本松みてえなことはやらない、そんな情けない称号なんかこっちから願い下げです。

以上、小論文と称しながら、やけに長文になりましたが、モールス通信についての考察はこれでおしまひです。

↑ブログトップページへ

2018/02/13

ロ-バンド拡大促進協会への調査協力報告とKCJ Topバンドコンテストでのデジタルモード通信が邪魔の対策について

アマチュア無線に許可されるローバンドの周波数を広げたい!!・・・ロ-バンド拡大促進協会

わたしも気に掛かっているこの問題ですが、新たに調査協力ページが出来ていました。

無線局の運用状況調査

80mバンドの免許を受けていると思われる無線局の運用調査を行います。皆様の調査へのご協力お願いします。


なるほど、ではここで今一度、アマチュアさんの現況を見てみますと、

日本 (JA) 3500~3575kHz, 3599~3612kHz, 3680~3687kHz, 3702~3716kHz, 3745~3770kHz, 3791~3805kHz と非常に細かく分けられています。






諸般の事情でコマギレにされているのは皆、よーく知ってますよ。わたくしも、自称IARUバンド侵入者モニタとして、この手の話は解る男だ。じゃあいっちょ協力しよう!!、ってんで、


なお、調査時間は昼間の時間帯 0800~1700(JST)のみに限ります。

これでこけます。

これわかんねえなあ。「限ります。」、っていわれても、ローバンドは夜に使うのですから夜に調べないと意味が無いのでは?そして昼間なんてカタギのひとは働いてるから調査できないっすよ旦那。

また、調査対象ですが、アマチュア含めた80mb全域を見るのかと思ったら?



ですか。

では、お目出度い紀元節の振り替え休日2月12日@2254JST。まず3576.5kHzの航空自衛隊さんが使ってないとおっしゃるか。  






キッチリ使ってます。なんかゴキュゴキュいってるやつ。SSTVみたいなやつだ。

なにせ我らを守る自衛隊さん24時には8時5時なんていう定時は無いですから夜に出ててもおかしくないでしょうがよ。

てか、だいたいがマル秘国防軍がIDを出すわけでも無いんで、これが大日本帝國自衛隊かどうかなんてどうやったら解るの? 知っているヒトが居たら、不憫なわたしに教えて欲しい、、。

で、なんとなく上が騒がしいな?と上がってみたらば





あっと!、タダでさえコマギレなアマチュアさんのド真ん中、3700~3740kHzに掛けて超強力、かつ美しいパルスレーダが襲いかかってますよ!

自衛隊や海上保安庁は許せないけど、このアマチュアバンド侵入者は許すんでしょうか?
 

・・・ローバンド拡大要望に際しては、先ず既存の自分らのバンド防衛およびクリーン化、精密な調査を経て、のち、珍情お願い、っていうのがスジだらう、っていうことはすでにこのブログで書きました。

では自分らアマチュア無線業務はどうか?、と同時刻に調査してみたところ、3.6メガ~3.7メガのLSBで、人生のムダでしかないアル変爺が3局、

3.5メガのLSBで同じくアル変業務が4局、FT8モードが約1ヶ、3.8メガは無し。

そしてCWバンドで独り居たのでコール聞いたら3515kHzで、「CQ CQ DE XQB」 またはOQB?そんなよなナゾCQが一瞬聞かれたのみ。


JAに割り当てられた6セグメントの80mb帯は、合計すると 148kHz、下端3kHzは使えないとしてマイナス(3x6)kHz=じつは約130kHzもの割り当てがあるんですが、

わたくしの抜取り調査では、休日の夜にもかかわらず、使われていたのはたったの8スペクトラム=約24kHz、与えられたバンド帯域のわずか18%のご利用にしか過ぎません。





あっという間の30分以内に借りられる谷原章介アニキのテレビCMのラスト、「ご利用は計画的に」、と、一瞬だけ注意しながら情け容赦無い取立なプロミスのキャッシュローンの利子以下です。

自衛隊や海上保安庁のことを、「効率的に運用していない!、電波資源のムダだ!!」、と騒いでいるひとたち、このアマチュア帯の状況を、「おれらは効率的に運用しているぞ!」と胸を張って堂々と言えるのかどうか?  まずはそこからの評価・議論が必要でしょう。

==
そして先日のKCJ トップバンドコンテストに於いては、「デジタルモードに邪魔されたよー!えーん!」、などと泣きべそかいてるできない子が多数な模様ですが、JAと近隣各国160mbの割り当てはこうです(ローバンド拡大推進協会ページより)。





ちゅこくやシンガプーラですら200kHzフルに使えるのに、わずか5kHzのウサギ小屋、自分でやってて恥づかしくないの?

もしこの状況がイヤだったら、邪魔なデジタルモードは1kWフルパワー噛まして潰して黙らせる、、。

またはそれが憚られるなら、DXサーのみならず国内コンテスト屋さんに於かれても、ローバンド拡大推進協会に加入して調査研究等を行い、バンド拡大に向けた地道な努力をするように。

なんの行動もせずにおいて、ブログや掲示板でヘタレな泣き言をわめいていても問題は解決しませんからの。

↑ブログトップページへ