このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather

日刊 BF ニュース別巻 「JARL・斐川ビューローへの遙かなるドタバタ記
・・・と題して、柿本人麻呂からAKB48まで、歴史と世界を縦横無尽に旅するコラムを書いています。⇒こちら

2018/08/16

C-Poleアンテナに挑戦してみる (ナゾのアンテナシリーズ第5弾)

よく働いてくれたミニマルチのトライバンダもいよいよ秋には撤去(の予定ですがどうなるだか)、

代わりに上げてある14メガのフルサイズGPでは心許なくなってきて、なにか簡単でナイスなのはないか? ネットの海を探していましたらありまして、

曰く、


C-POLE PORTABLE ANTENNA FOR 20M・・・HB9CTN


こういうの↓




なんかヘンな寸法ですが足してみると1λ、、のループでもない、インシュレータで分離してある。でも50オーム直結で行けるらしい。

さらに探ってみますと、

The C-Pole-Antenna, Examples for 14 and 50 MHz (by DK7ZB)


初出が、

The C-Pole had been described first by Brian C. Cake (KF2YN) in QST 2004, No. 4, P. 37-39 "A Ground Independent Vertical Antenna".


エレベーションアングルは、





けっこう良さそう。 ですが、次の文面を読んでわたしはコケた。



The gain of the antenna is -0,75 dBd in free space.

フルサイズなのにマイナスゲインじゃんかよ。

といふのは、これはVCHアンテナのようなオフセンターフェッドGPの、いやらしいファクタである地面部分を避けるために天空に持ち上げて構成している簡便GPであり、

たしかに洗濯物みたいに気軽に木にぶら下げてポータブルしているひとも見られましたが、アンテナ動作として無理してるゆえにタテ部分で何か打ち消し合ってマイナスっているのでしょう。

またしても夢のアンテナは存在しないことが判明しまして再びナゾのアンテナ探し、あてどのない旅に出ます。

↑ブログトップページへ

2018/08/15

やっとでPACTOR4でWinlinkに接続成功における、今後の短波帯狭帯域低速デジタル通信による非常通信のありかたについて

PACTOR4の免許も下りて、世界各地のWinlinkゲートウェイにアプローチするも、何度やっても繋がらずNGでしたが、たまたまの拍子で西シベリアのRT9Kステーション、14メガに繋がりまして、







ものすごく苦労して自分にメール送ってる図。

QSBやノイズの中、わずか300バイトほどを送るのに10分くらいもリトライまくり、

、、 ですが、21世紀の現代において、短波帯、電離層反射の電波でEメールを送受信できるというのには、とても感動しました。

なんというか、ブロックチェーン技術で西シベリアのビットコインを採掘したみたいな感じ。


で、いまの最新のPACTOR4(じっさいに使用したのはWINMORというエミュレータ?ですが)っていうのは、

https://www.scs-ptc.com/en/PACTOR-4.html






その時々の状況に応じた最適な各種モードを目まぐるしく使うのですな。

じっさい、TNCエミュレータエンジンのステータス見てると8QAMがどうしたとか4FSKをFEC中などのメッセージがパカパカ出ていました。


今回繋いだ西シベリアのRT9Kゲートウェイっていうのは、QRZ.comで見ると、





IOTAペディなどで有名なアークチックレジェンドなのですね。

The Russian Geographical Society の綴りが違うような気もしますが、それの北極海前線基地みたいなところ。

なので船舶通信含め、通信手段確保としてWinlinkゲートウェイを置いているのでしょう。 かなりヤバそうな基地。

こんなのをシスオペのひとに仁義切らずに勝手にJAから使っても良かったかしら? クレムリンに報告されてしまっているかもしれん。



・・・いま、大災害が多発するなか、NTTなどが、


重要インフラとして高い安定性と信頼性の確保・・・NTT


日々努力なされ、日本では通信網がガチだから短波帯の非常通信網は必要無いとされています。

だが、






こんなのワイヤが切れたら終わりなわけです。

なので確実に文書を送れる最終手段としてのPACTOR~Winlinkが先のカリブハリケーンで重用され、インドネシアやフィリピンなど災害の多い新興国では安価な分散型無線リフレクタのDMRが脚光を浴びているのです。 



いまの日本では法整備されていないこともあって組織の横断的な非常通信は確立されておらず、ましてや短波帯でなんていうのは見向きもされないでしょうが、

More Newcomers on 5 MHz – Ecuador and Bosnia-Herzegovina ・・・サウスゲーツ

世界ではむしろ有効であるとされ、各国で5メガの解放がどんどん進んでいます。

JARLが5メガを拒否し続けているのはD-Starが儲からないと困るからなんだろう。

ですがいずれ10年後には日の目を見ることを予想しまして、アメリカのARES非常通信の講習受けてメンバーになってみるかしらと思って居ります。


↑ブログトップページへ

2018/08/14

SP-890を用いてTS-890のDUALワッチと大画面バンドスコープとCW Skimmerを実現する方法

値段のわりにDualワッチができないといふので評判が余り芳しくないTS-890ですが、ケンウッドさま公式TS-890ページで以下の文言を見たです。

<別売り新オプション>
品名 型名 希望小売価格(税抜き)
外部スピーカー SP-890 ¥20,000


すでにSP-990というのは出ていますが、





こんなよなデザインになるのでしょう。

ここでわたしはピコーン!とヒラメイたですね。


ケンウッドさま公式には、TS-890でDualワチを実現する方法として、




サブ受信機にTS-590を推奨ですが、そりゃ他社のレシーバを推奨するわけにいかないので、代わりにこれ↓







RSPをSP-890のドンガラに入れてやればいいんじゃないの?

じっさいわたくしはTS-590を使っていたとき、T/Rリレーボックス噛ませてAFEDRI SDRとトランシーブ、Dualワッチしていました。

こんなことは誰もがやってることなので、、







左にはケンウッドリグコントロールアプリのARCPー590、右にはCW SkimmerとHDSDR、 真ん中はN1MMです。

この四者はむろんCAT同期できますし、高精細度大画面でWFも見られます。 

ARCPアプリがあればリグは自分の後ろにあってもかまいません。


無印のTS-590では別途リレーボックスが必要だったのが、TS-590GになってTX時ミュートのRXアウトが付き、サブレシーバにSDRが推奨となったことをわたしは高く評価していました。

なぜなら内蔵の小さいよなバンスコ見ててもしかたないから。

ですから解ってない素人大衆の要求に応じてTS-890にも小さなバンドスコープを付けねばならなくなったケンウッドさまの無念はよく解ります。







TS-890は、余計な面積のバンドスコープなんか無ければ使いやすい、そして安い、はるかに良いリグだったのに。


・・・そもそもわたしは皆さんが求めるところの、ふたつのチャンネルをただ両耳で聞くだけのデュアルワッチの意味がわからない。

ワッチとは、


海上衝突予防法 第5条(見張り)
第五条  船舶は、周囲の状況及び他の船舶との衝突のおそれについて十分に判断することができるように、視覚、聴覚及びその時の状況に適した他のすべての手段により、常時適切な見張りをしなければならない。



そのときの状況に適した視覚、聴覚、すべての手段と書いてあります。

せっかくナイスデザインのSP-890が出るのですから中にSDRを仕込んでHDSDRやCW Skimmerでワッチすれば良いと思うのです。

それかケンウッドさま、どうしてもダイヤルノブがふたつ無いと文句垂れるユーザに応対するならVFO-890、







TS-890と揃いの、こんなようなのの中にSDRを入れ込んでサブダイヤル・サブRXに仕立ててやればいいんじゃないでしょうか?


↑ブログトップページへ

2018/08/13

QTC 凸凹てんぷく大合戦 WAE DX Contest, CW 2018

まだ下りてないトライバンダを使ってあげてちゃんと成仏させるべく少し出ました。 初日の夕方だけです。


結果(シングルオペ・ローパワー)






N1MMが途中で動作おかしくなりましてQTCなんか送ってないのですが10QSOです。

なつかしいYL3CW、YO9HP局らと再会できて良かったです。

ヘンに吐かれたCabrilloを整形するのに手間取りまして、ログ早出し競争は、





無念の世界3位。

その後、QTC凸凹大合戦をBGMで聞いていましたが、ふつうは録音しておいてコンテスト後に書き起こすと思うのですが、マジメに取ってる、AGN?打ちまくりのラリラリなEU局も居られ面白かったです。

EUにちかいHSやBYなどが元気だったようです。

↑ブログトップページへ

2018/08/12

ハムカレッジで非常通信講座におけるアメリカと日本のアマチュア無線試験問題の違いについて (カムバックハムへの道 第18弾)

アイコムさま提供、アメリカのアマチュア無線試験対策講座、ハムカレッジは、今回はいよいよ非常通信です。


General Amateur Radio Exam part 14. Emergency Communications, Skywave propagation, and Yagi antennas. www.hamcollege.tv





これ、講師のおっさんふたりも、「ん~」、って唸ってますが難しい。

わたしはビデオを止めて何べんも読み返してどうにか回答できました。

翻ってわたしらのアマチュア無線試験問題を見ますと「非常通信」という章は無いらしい。

なにせ1アマの試験受けたのは20年くらいも前なので覚えないですが、覚えてないことそれ自体であかんでしょうが。



よく言われることですが、このビデオでもF2層の働きやガンママッチのことが出てきますが、アメリカでは実践的であるに対して日本のアマチュア無線試験問題はボンクラである。


どちらもちゃんと国際ITU規則に則ってるんですけど、いいかげん、無線局の免許とか無線従事者とか業務書類とかの無意味な試験問題、止められないのかしらなあ、



、、と思いますが、それはそれとして彼我のもっとも大きな違いは試験のシステムです。

日本ではアマチュア無線従事者資格国家試験受験料=4アマで5,000円も必要で、かつ、局免許を開設するのに同じく5,000円くらい、合計1万円も掛かる、1kW免許ともなると5万円コースです。

それらは役人が行い、さらに天下りの批判を浴びているJARDなどが、講習会では、



東海地方・講習会の日程申込書は、受付場所で用意しておりますので、お気軽に問合せてください。・・・JARD

第四級標準コース】
受講料等22,750円 (18才以下の方は、7,750円) (申込資格:だれでも受講できます。)




高けーよ。

ぜんぜん気軽でもなんでもないって


対してアメリカは、W5YI、






ボランチアグループが主体となり、VE(民間のボランティア試験官)が行うとされています。

試験手数料はわずか2,000円ほどであり、局免も、ヴァニティ込みでも、今は安くなって、たしか2,000円くらいじゃなかったかしら?

むろんアメリカにも教材本や有料の講座はありますが、上記ハムカレッジのように、無料ビデオで生徒さんとディスカッションしながら行なったりの、開かれた、市民的かつ民主的なものです。


・・・この差は本質的には国際的人材確保です。

呼出符号はどの国でも国家の財産ですが、鎖国的日本ではイスを盗られると困るので中々ガイジンさんには呉れない、欧州CEPTの相互運用協定ができたのもやっと一昨年です。

対して開かれたアメリカでは、本来はニセの郵便受けではNGなんですけど、アメリカの財産も他所者にも開かれていて、アメリカ国内で自由に運用できるがゆえに世界各国から人材も集まる、

その中で有用有望な、使える人材をアメリカ人にしてしまうワナなのであります。

なので、JARLの理事のかたの中などに、日本の資格ではない、アメリカの資格をお書きになっているかたが散見されますが、そのひとはアメリカのスパイなので気をつけなさるように。

単に日本の1アマが取れなかっただけかもしれませんが。

↑ブログトップページへ

2018/08/11

FT8はアマチュア無線なのか??!! における赤穂義士の暴走速カゴと時代の価値転換について

アメリカ人は基本、Tシャツ作って意味不明のデモするだけが仕事のようなものなので、


FT8 is still Ham Radio T-Shirt for Amateur Radio・・・ローコストハムラジオ






またしてもこんなもん作ってるのか。

たしかにFT8モードというのは人類の歴史を揺るがすほどの革新であり、それゆえに賛否両論喧々囂々でうっさいのですが、そのたびにわたしは、


播州赤穂に残る忠臣蔵の足跡、早かご到着から赤穂城明け渡しまで・・・トラベルジャパン




江戸城の殿中で殿、ご乱心、

そのことを大急ぎで赤穂まで知らせねばならない使者ふたり、必死の爆速カゴリレーで東海道600kmを100時間ほどで死にそうになりながら伝達したのを思い出すのです。

これで時速6km。

それから300年が経ち、いまは、





東海道新幹線のぞみが2時間で繋ぐ=時速300km、

さらに今から10年後には、





リニア新幹線でさらに倍、

江戸時代からしたら100倍速、時速600km、1時間で東海道を駆けるといふ。

しかるに、現代のわれわれは江戸時代のひとたちの100倍幸せになったのか? といいますと、日帰り出張、

ド田舎栃木から通勤、叫ぶ駅員、








死にそうになりながら満員電車で帰省、、

むしろ慌てるだけの不幸になっています。

FT8も同様、大慌てのモグラたたき、見えなかったパスが見えてしまい夜もおちおち寝てられない、 急かされるマス埋め。 紙なだけのアワードに焦る、、

毎日のようにバージョンアップ、新しい機能が追加されアタフタするだけ、、


赤穂の使者がカゴのつり革に掴まって100時間も死にそうになりながらヘロヘロってたって、現代人は毎日毎日往復2時間も満員電車のつり革に掴まってて同じくヘロヘロ、赤穂の使者の比ではない。


・・・その価値転換のもっとも甚だしいのは医学です。

約3カ月で患者50人死亡 元看護師・久保木愛弓容疑者の素性…記者の誘いに笑顔で応じ 旧大口病院事件 ・・・ZAKZAK


大口病院の看護師が全国のお年寄りから賞賛の声を浴び、よだれを垂らしてうらやましがられていることに象徴されるように死ぬのがこれほど難しい時代はかつて無かった。


2000年続いたヒポクラテスの誓がパーになり、医者の使命が、患者の命を救うことから殺すことへ、180度の大転換を強いられた2018年であったのでした。パラダイムシフトいうやつですな。


これらのことは、またしても私たちを歴史への洞察、歴史とは、時間とは直線的に未来に進むのか? それとも、





今日から過去と未来に繋がる螺旋の階段の循環なのか?

、、の、深い思索に誘ってくれます。

↑ブログトップページへ

2018/08/10

言訳がましいTS-890をたったの半額でRMDR=100dBの200 ワット機を構築、実現する方法

われわれプロはRMDRなんていうカタログ数値はまったく気にしないのですが気になつて気になってしょうがないシロウトのひとたち、

また、「なんで45万もするのに200ワット機じゃないんだ!? デュアルワッチじゃないんだ!」、とのお怒りの声、



ホントにユーザって買わないでおいてからに身勝手なので、いまの部品代金と手間考えたら正統的ヘテロダイン機が45万っていうのが超格安価格なのが解らない。

TS-820を求めて止まない爺のために出してあげたのに、TS-820が当時、どれだけ高かったのか、デフレボケで覚えてないのか?

本当はトリオケンウッド家の嫡男なのに、TS-890、







まるでカネの掛かるメカケの子というか継子いじめ状態、かわいそうに。

そこで不肖、元トリオファンであるわたくしが理想のリグ、RMDR=100dB取れてハイパワー、200ワットのデュアルワッチ機をTS-890の半額、たったの約20万円で構築する方法をばこの場で伝授いたします。


・・・先日届いた、ぜったいに解除できないCQオーム様からのスパムに依りますと、ケンウッドさまの言い分としてTS-890、


ケンウッドとしては、安価高性能というSDRの長所を評価しつつも、量子化歪、オーバーフローという難点も検討。 今後、SDRモデルを出さないというわけではなく、それぞれの目的・モデルに応じて、受信方式を検討してゆく~


TS-990発売からの期間のノウハウの蓄積により、基本性能は、TS-990をしのぐ部分もあります。しかし、デュアル周波数表示ですが、デュアルワッチではないのでご注意ください。


~また、100Wモデルですので、その点、TS-990との違いはありますが、~



かつてこんなに言訳がましい新製品があったでしょうか? 日本語が完全におかしい。


ならば自分で勝手にデュアルワッチの200ワット機を作ってしまえば良いわけです。

一昨日か、ギガパーツ様から、








暑苦しいホットセーヴィングズのメルマガが届きまして、セレクテッドなベストセリングアイテムとして、







ケンウッドが世界に誇る200W名機TS-480HXがリベートを250ドルバック、たったの1000ドル、

同じくベストセラーとして、





RMDRが100dBを誇るアイコム社さまのSDR、IC-7300が300ドルもの値引で同じく1000ドル。

これらの異業種ふたつを交配させるのが、







VE3NEAのOmni-Rigです。 

Rig1とRig2にTS-480、IC-7300、それぞれCATを振ってPCで繋いでやれば良いだけでしょうが。

ケンウッドさま推奨の窮余の策としては、公式に、






サブ受信機にはTS-590を別途買ってCOMで繋いでね、っていう、なんとも言えない弥縫策が述べられていますが、こんな凸凹トンチンカンな面倒なことするならTS-990買ったほうが安くて便利だって。


なのでTS-480HXとIC-7300をトランシーブ接続して20万円でナイスデュアルワッチ、美しいハイスピードカラーバンスコも付いてRMDRが100dbのSDR、200ワット機を作ってみてはどうですか? といふことでした。


・・・この情けないドタバタはユーザも悪いが、趣味の会社、ケンウッドのモタモタした純血主義も悪いんで、もしわたしがTS-890の開発主査だったら1秒たりとも遅疑しない、







とっととインドへ飛んでアパッチからANAN-8000DLEの中身だけ買ってきてトリオマニヤの喜びそうなオシャレなハコに入れてやれば喜んで買うだろ? としていたでしょう。


このリグはTS-890と同じ値段にもかかわらず16ビットツインADC、2kHzセパレーションRMDR=116dBもあり、ファイナルはLDMOSで200ワットの世界最新鋭機、

COMやUSBなんていう古代の遺物は使わない、コントロールはイーサネットでソフトウェア、細かいよなダイヤルやボタンの掃除は不要です。

、が、毎日ピカピカに掃除磨きしたいヒトのためのTS-890だったのかもしれません。

いかにも日本人らしいことです。

↑ブログトップページへ