このブログは、ver.3.0にシフトして、他のサイトとともに統合、引っ越しました。移転先↓
TU de JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2018/10/11

ノーベル経済学賞が気候変動における、スキマを再開してIBPビーコン捕捉による気候変動研究を一時的に再開しました

さきごろ、

ノーベル経済学賞に米の2氏 気候変動と経済の関係分析・・・朝日新聞

おー、ついに、これまでオカルトと退けられてきた太陽黒点の11年周期と経済周期との関連が学術的に認められたか-、

、っつうとそうではなくて勘違い、例年と同じ、誰か知らんがCO2とか炭素社会とか何とかのネタでカネ儲けするだけのアホンダラ賞でした。 

ドシロウトさんの、「太陽黒点がゼロになったから世界恐慌が来る」とか騒いでるのと同じ、ようちえんじさんレベルです。太陽黒点周期で気候変動による経済変動のほうがよほど学術的な気がしますが如何か?


・・・それはともかく、このところの街のみなさんの話を伺いますと太陽黒点が出ない!、Condxがサイテー、、

技術革新のFT8で助かってるDXサーさんからはあまり聞かれませんが、手詰まりなコンテスタのかたがたのお嘆きが多いふうに見えます。

折りしも北半球では地球も冷えてきた秋、








こんなもん、いま住んでいるちきゅうが時速10万キロもの猛スピードで太陽の回りをグルグルしてるなんでウソだろー、、

などと皆が信じてることにしてる仮説を疑いだすと、この世のすべての事柄が成立しなくなりやがて発狂するのであまり考えないことにしまして、秋の好日のDXシーズン、止めていたCWスキマを一時的に再開しました。

用いますSDRはよい子のS9-C、捕捉セグメントは、







24メガを除く8バンドです。

昔はデジタルバンドを躱したり細かく刻んでいましたが、いまはもう面倒なんで目一杯です。

今回のスキマの目的は国際IBPビーコン捕捉にあります。過去の捕捉SNRと現在のを比較して、Condxの移り変わりを定量的に比較してみようっていうわけですな。


もうひとつの主要な目的は、IBPビーコンでDXCCチャレンジ、


元締めのVE3SUN局が考案して推進っていうかスキマ各局を煽って国際IBPビーコン内で競われている、


IBP-RBN Challenge!
Can you hear all the beacons from your location?
Can you hear them all in one day?


http://www.ncdxf.org/beacon/RBN.html#Challenge





本来はスキマは無指向性アンテナでやらねばならないきまりを破ってハイゲインのTH7DXなどでビーム向けてズルこいてるOH6BGらに対抗して18ビーコンの捕捉をコンプです。

残りひとつはカリブのYV5B/Bビーコン、わたしもズルしてビームを向けても良いのですが、そういうずるいことをやっているとにんげんがダメになるので以前と同じ、北向けたトライバンダと7メガのダイポールのコンバインです。

アメリカにおいてインディアンさんの親切に感謝せねばならないサンクスギビングデー、11月末に開催されるWW DX CWコンテストまでやってます。

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿