このブログは、ver.3.0にシフトして、他のサイトとともに統合、引っ越しました。移転先↓
TU de JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2017/12/19

ARRLのお家騒動に見る、年末恒例忠臣蔵と、アメリカのアマチュア無線界のゆくえについて

すでにWから帰国子女してしまひ、またARRLメムバーでも無いのですが、おりしも忠臣蔵の季節とて、あちらアメリカの赤穂藩では、えらい騒ぎやらかしてるみたいなんですけど、、。

最初、ボード・オブ・ヂレクタ(BOD)がどうしたこうした!、って書いてるんで、ARRLの理事のひとたちがなんかドジやらかしたんでしょうか?、っていうと、見間違えで、皆が“Bored Of Dictators” と呼んでる。

直訳すると、「退屈の独裁者?」、、旗本退屈男?、市川右太衛門??、なにかなあ、この当てこすりは、

っていうと、

http://www.arrl.org/files/file/ODV/ARRL%20Code%20of%20Conduct.pdf

ARRLの、この行動規範が気に入らないらしいんですが、読んでも意味がサッパリ解らないので、ではここで、ハムラジオナウで、田原総一朗の、朝までナマテレビの解説を聞いてみます。




、、、2時間深掘り下げ番組の、メンバー自己紹介が終わるまでの約10分で寝ました。端的に3分でまとめろって。

問題のノートン先生っていうの誰?、っていうとN6AAらしいんですけど、 Where Never Is Heard?つったって、具体的な話がまったく解らないのが、洋の東西を問わない、JARLのお家騒動と同じです。

発端?、もしくは問題とされている、例の、

http://www.kkn.net/~n6tv/Just_Say_No_to_S.1534_v4.pdf

敵対的HOAとのカラミで、このPDFファイル名の通りの「S.1534法案に、ただちにNoを!」、、

、で、「A 440 MHz whip may be all you get」、くらいは解りますが、難しい英単語に加え、興味皆無なのも預かって、ぜんぜん英語がわかんね。


おそらくARRLの行動規範、Code of Conduct には、「アマチュアは良き社会人たれ」、などの、ごく常識的なことが書いてあるんでしょう。それを赤穂では、「弱腰だ!!」、とかなんとか騒いでるだけなんでは?

これ明治維新でさんざ懲りた勝海舟が言ってましたけど、夫婦ゲンカなどの争いって、「カネが無い」、っていうところから始まるんですね必ず。

このみにくい争い、ARRLもHOAも双方、「おかねが無い」、っていうのが根本的な原因に違いないです。JARLや日本国と同じです。

来年早々にはお裁きがあるようですが、N6AAが浅野内匠頭な(なのか?)、赤穂浪士、四十七士のゆくえ、





ワーギャー騒いでないで、ここは静かに日本の伝統の様式美で行きたいところ、

遠く歌舞伎座の三階席から眺めてるような心持ちで居ります。

成田屋!!

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿