このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather

日刊 BF ニュース別巻 「JARL・斐川ビューローへの遙かなるドタバタ記
・・・と題して、柿本人麻呂からAKB48まで、歴史と世界を縦横無尽に旅するコラムを書いています。⇒こちら

2018/01/06

2018年オール熊本コンテストで徹底訓練!!大学入試センター試験、直前練習問題

<電子ログを提出すると決められた受付番号の局に粗品進呈!>JARL熊本県支部、1月7日(日)9時から18時まで「2018年オール熊本コンテスト」開催・・・ハムライフ.jp


おー、電子ログで出せばご褒美がもらえる、、ってことは、

イコール=いよいよJARL地方支部ロカコンでも電子ログからクロスチェック&オートマ結果発表する方向になったのですね、それはお目出度いことですねー、と、ではルールを読んでみますと、


禁止・失格事項:
JARLコンテスト規約に準ずるが、電子ログ提出の場合は目視にてチェックしている事からR1.0のソフトでの提出とする。尚、得点だけでなく、マルチ・交信局数が明記されるソフトあれば他の物でも受け付ける。※R2.0での提出はチェックログ扱いとする。


、、、どうせそんなことだろうと思ってましたよ。

これ書いたひと、助詞は抜けてるし、めちゃくちゃなんですけど、「電子ログ提出の場合は目視にてチェックしている」、っていうことは、逆に紙ログだと電子チェックするんでしょうか?

あと、「JARLコンテスト規約に準ずる」と書いておきながら、「※R2.0での提出はチェックログ扱いとする。」っていうのはおかしいでしょうが。

また、

得点が同じ場合には早く交信を開始した局を上位に、同時の場合には遅く終了した局を上位とする。この根拠は、このコンテストにどれだけ多くの時間を捧げたかの評価を意としています。

いや「時間を捧げる」って言われましてもコンテストは単なる個人的技術訓練であって、JARL熊本支部を信仰する宗教じゃないですし、、

「意として」は、「意図して」の誤変換だと思いますが、本当に「意として」という日本語があると思って書いたのかもわからん。とにかく何が言いたいのかわからん。


・・・ですが、これだけ語感の悪い、文意不明瞭、論理整合性の皆無な文章を書けるといふのも、またひとつの才能であり、賞賛されるべきものです。

この文章から、旧制第五高等学校の夏目先生におかれては、趣味の俳句に入れ込んでしまったり神経衰弱などで、本業が疎かになっていたのではないかと推察されますが、


、、再来週はいよいよ大学入試センター試験です。現代国語では、こういったわけわからん文章をスバヤク解読せねばならない問題が必ず出ます。

最近は小林秀雄などは流行らないようですが、全国のよい子の受験生さんは、このオール熊本コンテストの規約をよく読んで、今のうちから悪文に慣れておくように。

==
なを、インテリが作ってヤクザが売りバカが買うあさひしんぶんですが、

2017年度 大学入試出題数No.1|朝日新聞 - 朝日新聞ひろば



朝日新聞から多数出題!、っていうの、まーだやってました。

こっちでも漱石先生、仕事はわりと雑にやってたようですが、朝日文芸(通称アサ芸)の伝統はかろうじて遺っているようです。

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿