このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather

日刊 BF ニュース別巻 「JARL・斐川ビューローへの遙かなるドタバタ記
・・・と題して、柿本人麻呂からAKB48まで、歴史と世界を縦横無尽に旅するコラムを書いています。⇒こちら

2017/10/19

【3分で早わかり講座!!】 じみん改訂けんぽうとアマチュア無線との、深かーい関わりについて

世は、「GHQ押しつけ憲法を改訂じゃー!」、「いや立憲主義でごわす!」等、毎日がうっさい今日この頃ですが、解ってなくてワーギャー騒いでるできない子が多数、毎日うっせーよ!!

ですので、この場でわたくしたちの趣味、いや業務ですな、アマチュア無線と憲法との関わりについて、たったの3分でサルでも解る講座です。

きょうかしょはこれ、



現代法律学講座・憲法。

なんで一介の焼きもの屋さんであるわたしがこんなもん持ってると言いますと、むかし嫁が、阿呆学部?とかいうところに行っていたらしく、

なんでもそのころはデスコ(?)とかいうのが流行りだったそうで夜な夜な入り浸り、六法が何かすら言えないバカなんですけどその教科書です。

なんか分厚くて難しそうだなー、と思いますが書いてあることはごくかんたん、次の2点だけです。


(1)近代憲法は、国民が国に対して守らせる約束である

(2)国家はタダの事務所である


たったのこれだけです。


ではまず(1)ですが、補足しますと現在の日本國は国民主権ですから、「国に守らせること」=イコール国民自身も憲法をまもらなければならないですが、なこた当たり前でしょうが。

その当たり前が当たり前じゃないのが、できない子のあべ君が書いたやつなんですけど、チラシの裏に、あのヘタクソな字で書いたアタマが悪いよな下書、

日本国憲法改正草案・自由民主党

その前文でイキナリ、

日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。

いやいや、基本的人権は、「尊重される」、保障されるものでしょうがよ。

あと国家形成要件には、和や家族の助け合い(仮名を送りすぎ)、郷土の誇りはありませんのでまちがえないように。

かわいそうに、アタマがわるかったできない子のあべ君、いちばんだいじな最初の設問から0点、磯野カツオよりもダメダメです。

そのほかにバッテンはいくらでもありますが、アマチュア無線的にはこれ↓、いや、進め一億火の玉総国民にとっての、自民草案のもっとも恐ろしい呪いのじゅもんはこれでしょうが。


十三条 「すべての国民は人として尊重される」


ありゃ?

たしかよい子の日本國憲法では「すべての国民は個人として尊重される」、じゃなかったかしら?、ていうとその通りでして、

つまり自民憲法改訂後には、国民は、「いきもののヒト」としては生かしてくれるらしいですが、アマチュア無線、

すなわち、「もっぱら【個人】的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務」は尊重されないですから即、禁止です。


==
次の(2)ですが、むつかしい言葉で言うと天皇機関説とか国家法人説っていうか、

たとへばわれわれアマチュアさんに縁の深い総通屋さん、現在はややこしい電波形式の書類などを淡々と事務的に処理するだけのタダの事務所やさんですけど、憲法改訂後、

その看板は「総会屋」、すなわち怖わ~い暴力団のおにいさんに一瞬で早変わり、

国家緊急権・緊急事態条項で有無を言わさずすべての権利を根こそぎ持って逝かれますのでそのときになってビックリしないように。



これはどこのご家庭にも必ず常備してある教育勅語や戊申詔書等の勅語・詔書集ですが、

うちにあるのは少し古いですが、死んだじいさんの持ってたやつ、大正13年版、ってことは大日本帝國の國民ガッコウのころだねえ、現在はこのような、国家からの思想の押しつけは憲法違反です、、が、数年後、

こういうのが配られて、朝のちょうれいで起立シ不動ノ姿勢で、こうちょう先生から聞かされて貧血で倒れたり暗記させられたり筆で書かされたりするようになりますから、できない子の日本国民のみなさんはがんばってやるように。

なを、なぜ世間・マスコミなどでは右も左も全員が第九条ばかりを騒がせて憲法改定の本質論が議論されないのか?、

っていうと、下書のあらゆるところに落書されている恐ろしいその思想を読めばごくかんたんであって、じつは自民改訂憲法はアメリカにとって都合が良いんではなくして、まったく逆の180度反対側、、折しもJARL総会開催中の、



ちゅごくにとって、もっとも都合が良いけんぽうだから。

ですのでまちがえないように。

とらんぷさんとなかよしとか、得意げになってるできない子のあべ君はアタマがわるいから解ってないだらうねえ。

そのあべ君をクラス委員長に選んだ、できない子の日本國国臣民のみなさんは、何かするとすぐにワンワン!と犬が飛んで来てオリに放りこまれたりドレイさせられたりすることになりますから、よーく覚えておくように。


(最後に)

これからは今までとは違う、天皇陛下さまをアタマに戴く天皇親政国家になります。統帥権干犯や不敬罪などの言いがかりにはじゅうぶんに気をつけるようにして、





昭憲皇太后(のゴーストライター誰かな?)御歌、がくしゅういん等のお嬢さんの間でいまも歌ひ継がれるこの歌を歌って、きょうのじゅぎょうはおしまひです。御名御璽。

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿