このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

HF Doppler investigation by
HLL Seoul Meteorological Radio


IBP Beacon reception report
* Past Log ( Blogger )

Wind Beneath My Wings in JA
(View Propagation from JA)
【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2017/11/07

スキマビーコン捕捉の解析結果・2017年10月

スキマでビーコン捕捉の2017年、10月の解析結果です(SH5コンテストアナライザによる)。

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2017/2017_ibp_ncdxf_beacon_skimmer_reception_2017_10_jf2iwl_s/index.htm

のべ捕捉回数は4,515回、平均して1日に150回ほど、これは先月の一日平均、100回よりも50パーも多い、

すなわち夏から秋になってお熱が下がり、Condx上がりました。

今月の捕捉カントリーは18ビーコン中の15ヶ、バンド内訳は、



ハイバンド戻しまして、先月には1回も取れなかった28メガも取れました。四分の三がVR2B/Bっていうのは変りないですが。


ではここで、グッスリ寝ててもSDRが勝手にやってくれるビーコンDXCCチャレンジはー、




お目出度くCS3B/B、JA2IGY/Bをゲットし、トップオナーロールまでYV5B/Bを残すのみ、

トータルでも41マス埋めと、ニッケイ株価トランプ祝儀相場のごとく、大幅に躍進しました。

スキマビーコンDXCCランキングではDJ9IE-#スキマと同率の世界2位です。

なお、その日のCondxをごく簡便に占うには、IBP/NCDXF・スキマビーコンチャレンジのページ

これの左の日報には、00Z、こちら朝09JSTを境に、その前24時間のスキマ捕捉データが出ますので、どのスキマが何カ所のビーコン、何回捕捉しているかを自分なりに覚えておくと解りやすいです。

JF2IWL-#でいうと、バカに良い日には10ヶのビーコンを200回とか取ってます。

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿