このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

HF Doppler investigation by
HLL Seoul Meteorological Radio


IBP Beacon reception report
* Past Log ( Blogger )

Wind Beneath My Wings in JA
(View Propagation from JA)
【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2017/11/12

【決定版】 K6UDA Bobおじさんに学ぶ、モアベターコンテスターへの道、必勝法

このごろもっぱら海外アマチュアビデオ探訪をしていますが、ヘボオペばかりな中で、良いコンテストオペレータになる決定版をやっとで見つけました、これでキマリ、!です。





カリホルニアの加藤一二三九段、K6UDA・Bobおじさんの、先に行われたCQPでの実践ビデオです。


初手、自己紹介で、「オケージョナルコンテスタ」って自分で書いてるのが、ちゃんと自分の立ち位置が解って居られて奥ゆかしいです。


で、実戦、まず第1に挙げられるのは自分でも言ってますが机がゴチャゴチャ。

次、キーボードタイプがぜんぜん追っつかない、途中でブハー、水タバコ(?)ふかす、オレゴンのオバハンの上からCQ被せてしまい互いに昼メシの話をしてしまう、

友達のおっさんが呼んでくるとムダ話をする、オペが異様に遅い、そして夜はワイフが怖い、、


 、、以下、アマチュア無線コンテストの醍醐味を余すところなく表現して間然するところがありません。


だがここで最重要なのはラスト、コンテストとは非常通信含むナイスオペになるためのとても良い訓練であることを、ビギナーにも解るよう、言い含めるように、ゆっくり、きちんと述べていることです。

この映像の切取りかた、このひとアタマ良いでしょうね。ボケを噛ましておいての、その眼に潜む知性の光を見逃してはなりません。

あのあたりで日常よく見られる、CAリベラルなおっちゃんなのでしょう。


いっぽう、


これは同じくBobおじさんのワイフ(ただしテレビワイフ)、KK6HSK、ウェンディのレビューですが

ゴチャゴチャのKX-3セットとIC-7300の比較印象を語らせてウエンディはエレクラをDisりまくり。IC-7300のデザインってやっぱ女性から見て美しいんでしょう。とくにきらきらライン。

このビデオで明らかにされたように、IC-7300をエレクラで実現しようとすれば、倍の30万円くらいも掛かるわけです。

こんなの見させられると、即座にIC-7300とMFJのチューナとアイソレータとモーターホームビークルとカリホルニアねーちゃんをセットで買ってしまいたくなります。

その他Bobおじさん、パツキンのダニエルなど幾人かの手持ちがありますが、これら、ひょっとしてアイコムの隠し球なのかも。

↑ブログトップページへ

16 件のコメント:

  1. RV Ham Station、ひとつの考え方ですね。

    私も移動運用で、1200MHzとか2400MHzあたりまで含めてコンテストに参加した事がありますが、トランスバーターなどを付加すると、ただでさえ狭い日本のクルマの中が大変な状態になっておりましたから、説得力があります。

    普段もウサギ小屋の住人には、ナイスバディなサイズよりもトランジスタグラマーが手ごろなのかも知れません。

    返信削除
  2. Wではリタイヤおじさんで、かなり多いみたいですね。こっちではトレーラーは無理、小さなキャンピングカーを旅行と災害用含め保持しておく程度でしょうか、

    旅好きな友人がそれらのためにキャンピングカー買いたいけど、そもそも自宅がウサギ小屋でクルマ置けず、それで毎日通勤っていう情けないことになるのであきらめたようです。

    返信削除
  3. そうですね。

    普通車のワゴンのルーフトップ撥ね上げ型....のようなキャンピングカー需要があるのは、平素の使用との兼ね合いから日本独特だと思います。

    ただ、日本だと数千円で泊まれる宿が近場にイッパイありますから、サイコのモーテルに泊まらざるを得ない....みたいな状況は起こりえないワケですね。
    よって、飯も便所もある道の駅で遊べる道具(クルマ)で十分なのかも知れません。

    日本でキャンピングカー....と言っても、リヤカーで雑種の犬と生活している段ボール回収業の方々と同じになっちゃうのは、国土が狭い故に恵まれているからなのかも知れません。

    返信削除
  4. いまはモーテルが流行りらしいんですよ、最近、近所のガソ屋の跡地にアメリカン安モーテルができました。形態としては名古屋でレンタカー借りて、っていうふうだと思います。

    カタツムリ型のはひところ良く見かけましたがいまは見ないです。これはJAでもリタイヤ組のひとが夢だった周遊をしてたんでしょうけど持ちきれない、居なくなったんでしょう。

    おっしゃるとおり、交通が異常に発達してて、とくに最近は安いバスもありますし、クルマですら要らないのだと思います。

    返信削除
  5. キャンピングカーも別荘やリゾートマンションと同じで、掃除やメンテナンスから料理に洗濯そしてゴミ処理....が大変ですし。

    基本的に、家事をこなせない人が手を出さない方が良い世界なのでしょう。
    家政婦さんとかを雇える経済力が無い限り。

    返信削除
  6. じっさいクルマ自体が、軽ワゴンですら2台のうち1台、うちではほとんど動作してないです。それだけでも年に10万くらいは掛かってますよね。

    わたしはUS管理人にシャックのメンテやらせてますが、自動運転で転がしておいてシェア、っていう稼ぎが出るんでしょう。すべてのものごとについて、個個で持つ時代は終わったんですね。

    返信削除
  7. レンタル・シャックですね。
    実態が不明瞭な設備共用よりも、スッキリしてていいのかも知れませんね。

    返信削除
  8. 仲間でやると誰が何壊したとか揉めるんですよね。情がまったく入らない、カネだけで解決ですからラクです。よくあれだけのシステム作ったと思います。

    返信削除
  9. それ、何人か集まってやる時の、「あるある.....」ですよね。
    何も持って来ない奴ほど、使い方が解ってないので破壊王になると言う世界です。
    大体、リニアを潰したりアンテナ燃やしたりするんですが、スキルが低いんですね。

    返信削除
  10. 学生クラブだったら、「おまえなー!!」、で済むんですけど、社会人になると難しいと思います

    「ああええよ」でなんでも許して色々やってくれる、人徳のあるお大尽オーナー下男、ていうのが居ると良いんですけど中々むつかしいですね。

    返信削除
  11. それか、師匠と弟子としての主従関係が明白な場合で無ければ、難しいでしょうね。

    私は年齢の割にキャリアが長いので、単に年上だという理由で抑えに来るバカとは付き合いきれませんが。w

    返信削除
  12. そこでは年功序列は意味が無い、きびしい親方のもとの徒弟制度における完全実力制、ダメなやつは年齢関係無くクビ、っていう、統率の取れた厳しい世界じゃないとダメですね。

    最悪なのはヘタ同士で教え合うっていうので、これは一般社会でもよく見られる光景だと思います。

    返信削除
  13. 下手糞同士が液晶じゃ!太陽電池じゃ!と暢気に派閥争いしてると組織全体が倒れた....のは当地の電器メーカーですが、粉飾の統制が取れていた故に不正がブラックホール化し死に体となった東京の芝浦のメーカーもあるワケで、ナカナカ組織の舵取りは難しそうですね。

    いずれにしても、皺寄せは集団の弱者に向うワケですから、そんなものとは無縁の使用料でカタがつくレンタルシャックの方がマシなのでしょう。

    返信削除
  14. いま話題の会社でも、「現場は知っていた」、じゃあ言えよ!っていうツッコミですけど、生きてゆくには仕方ない人間社会の性ですね。

    これ古代はもっと酷かったので、おべっかまくりだったでしょう。そういうことのできないひとはイヤガラセみたいな漢詩を書き遺して北方に左遷されてますね。

    返信削除
  15. オッサン自動車とかですかね。

    今は時代の流れが速くなってますから、不正をベースにしなければならないような経営者も「退場」を宣告されるようになりました。

    組織の中は、ゲシュタポとか特高みたいなのを作らなくとも、トップが愚直に基本を大切にするメッセージを出せば良いのですがね。

    民から支持されない者がトップに居座ろうとするから、イカロスの翼が溶けちゃうのですがね。w

    返信削除
  16. いまうちの新聞で、実は知っていたシリーズ、ホットなのは缶ビールの空缶作ってる会社です。

    聞くところによると、大型家電店、これまでは多機能なのを高値で押しつけっていうのを止めて、「その機能はほんとうに必要ですか?」ってお客さんに訊くのが流行りらしいです。

    そんなことはいまさら、こっちは何十年も前からやってることなんで、愚直に基本、っていう流れが来てるみたいですよ

    返信削除