このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

HF Doppler investigation by
HLL Seoul Meteorological Radio


IBP Beacon reception report
* Past Log ( Blogger )

Wind Beneath My Wings in JA
(View Propagation from JA)
【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2017/11/02

第2回ARCKスプリント&CWOPS Mini-CWT(2017年11月第1週)

ARCKスプリントの2回目です。

まず7メガ、5分前にVVV TESTやってたらロシア側主宰、RW0UM局が呼んできまして再会を期す。で、21JST、CQから開始。

も、ぜんぜん呼ばれず3.5メガに降りまして、またCQから入るっていうグウタラ生活。

だがちっともよばれず。じつは全員がCQ出してるんじゃないのかー?状態、

ですので少しワチもしまして約15分、10QSOで終えました。


ALL Band High


日露友好にはちゃんとフルに出ないとダメなんで、次回はちゃんと呼び回りもしてネバツてみます。


==
次、22JSTからは逆方向、MiniCWTです。

11月1日をもちましてふたたび渡米、テレポーテーションしてコネクチカトから出ました、

が、先の大戦で負けこけた捲土重来を期すも、大日本帝國空軍の木製戦闘機にも近い1分9セントな安もんベアフット&ダイポールステーションにて、JAから出たと同様、こっちでも呼び負けまくり、

20分も掛かりまして8QSOで回線切って逃げました。


ND1R / Chaplin CT  , Low Power

多少カネはかかるけど、バンドは爆速なS9の強さでごった返し、楽しいことはたのしい、

アメリカから満足には出られないけど、K3のガワはポジション保持しておくために売らないでおこうと。


==先週の結果==
月曜にARCKスプリントの結果がRW0UMからjpg画像でおくられてきまひて、


栄誉の部門ラス引き。ちゃんとクロスチェキやってて、相手のNrを1局、N1MM自動入力、そのままで間違えたっぽい。


Mini-CWT 2017年10月第4週の結果


またしても10QSOマンが並ぶ中で、直下に自分のUSコールと長短点ひとつ違いなNG1Rっていう局が、、。これはW1QKステーションのコンテストコールらしい。

今回、確かに間違えられまして、まぎらわしいなあ。

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿