このブログは、ver.3.0にシフトして、他のサイトとともに統合、引っ越しました。移転先↓
TU de JF2IWL Test ! ( ver.3.0 )

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather


2018/06/19

地震で集めるAJDアワード、次に地震が来るのはどこか? についての論考

日本列島は10ヶの区域に分かれていてそれぞれJA0~JA9の番号が割り振られています。

これを全部集めると賞状がもらえて


AJDアワード・・・JARL


っていうので、わたくしも、




1.9MHzのRTTY特記っていうの、持ってますけど、


大阪で震度6弱の地震発生:東日本大震災以降の大地震一覧・・・日本財団

アマチュア無線界では日本のエリア区分、







2011年のJA7東北大震災から起算すると、JA6九州熊本に来た、JA4鳥取、JA0長野にも来た、今回、JA3大阪に来た、

、、とすると残りは半分、JA5四国、JA2東海、JA9北陸、JA1関東、JA8北海道の五箇所です。


「地震は地球のマッサージである」っていうテーゼからすると、マッサージ屋さんは、肩をほぐせば腰が張り、腰を揉めば首に来る、ということを十分承知の上で全身をあっちこっち満遍なく揉んでリラックス、ほぐしてゆくわけです。

地震は必ずノーマークなところに来るのですが、今回の大阪で生じた大きな地震で京阪神はリラックスした。けれど、そのせいで他のところに歪みが生じた。

その歪みのところをほぐしに来るだろう、といふのが次の地震です。

とすれば、まだほぐれのないところ、四国、東海、北陸、北海道、そして関東、これらに絞って見るのもひとつの手ではないか? と思うわけです。

今回は、「千葉で動いている関東注意」のフェイント攻撃で油断した大阪に来ましたが、地震学者はまったく当てにならないどころか害悪だ。

人任せにせず、競馬やマージャン、株と一緒で、どんな材料でも良い、おのおのが自分の勝負勘、相場観を養わなければならないと思います。

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿