このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather

日刊 BF ニュース別巻 「JARL・斐川ビューローへの遙かなるドタバタ記
・・・と題して、柿本人麻呂からAKB48まで、歴史と世界を縦横無尽に旅するコラムを書いています。⇒こちら

2018/06/13

高山市でコンビニ強盗、刃物男が逃走中における市民とシチズン市民科学のありかたについて

強盗被害に遭ったコンビニ=12日午前3時30分、高山市山田町、ファミリーマート高山松原店・・・たぶんまずいんで消されてると思いますが岐阜しんぶん

12日午前1時20分ごろ、岐阜県高山市山田町のコンビニ「ファミリーマート高山松原店」に包丁を持った男が押し入り、アルバイト店員女性(38)を脅し、レジにあった現金20万9千円を奪って逃げた。店員にけがはなかった。






これうちから歩いて10分のご近所なんですけど所詮新聞のこととて町名も違うし本当の時刻は0126JST、

市民に知らされたのはやっとで9時間後、6月12日1020JSTのことでした。


高山市メール配信:件名コンビニ強盗の発生について

6月12日午前1時26分頃、高山市山田町地内のコンビニエンスストアにて強盗事件が発生し、犯人が逃走中という事案が発生しました。犯人は身長170センチメートルくらい、マスク着用、黒色パーカー、黒色ジーンズ、黒色スニーカー、水色っぽい手袋を着用し、包丁を所持しています。
犯人に似た不審者を目撃した際には、高山警察署(0577-32-0110)に連絡してください。

配信元
危機管理課(0577-35-3345)
協働推進課(0577-35-3412)



わたくしも刃物男さんの逃走経路、ほんのすぐそばの通り道、町内班の役ですから他人事ではない。いち早く詳しい情報を班の皆に!

ってんで、まず、できない子の高山警察署さんに電話してみますと刑事課の自称:熊崎しょうたろう刑事(本当の役職は不明)、若いお巡りさんでして、「なにを騒いでんの?」といった口調で鼻で嗤われました。

しゃべる日本語からして一応は大卒だが、返答の矛盾をゆっくり突いていくと声を荒げて自分で興奮しちゃうし、なにやってんだか。




北アルプス遭難の際には自分らのショボイアンテナでは聞こえず、アマチュアさんに助けてもらったのにひた隠し、お礼も言わない高山警察署。

仕方ねえ、、じゃあ危機管理なら高山市危機管理課だろう、とモシモシしてみますと寝ぼけた声で、「あのー、高山警察がやってますのでわれわれは~」、との、きわめて模範的な、教科書的、ナイス役人返答。

「わたしたち市民としてはどうすればいいのですか?」犯人はまだ捕まっていないのですか? と訊いても、壊れた蓄音機かよ、、「戸締まりをしっかり」だけしか言わず、どちらもくちをつぐむばかり。

ではひとつ、犯人と同じ黒のパーカーに黒のズボン、黒のスニーカーでマスクすがたで現場に散歩に行ってみるか!、ってんで、いかにも怪しい挙動で行ってみまして、





誰にも通報されることなく無事現着、

ファミマの黒い服に黒いズボン掃いた不審なおねえさんが掃除してました。

で、夏の明るい日差しの中、誰も騒いでない異常さに、おねえさんに、「本当にここで強盗あったんですか?」、と訊いても、「私には答えられません、午後4時に店長来ますので直接聞いてください」との模範的コンビニ返答にて。

ということなんですけど、その後の様々な情報から得られた結論は「狂言強盗」、または「犯人は身内」 、、

=市会議員の息子とか助役の甥とか警察所長の孫とか、で、すでに保護されている。どこの町にもよくありますが、まずこれで間違いないでしょうが。


・・・・これら一連の、「わたしひとりだけ」が騒いでいた騒動で得られた知見は以下の通りです

(1)警察官は日本には居ない

樋口一葉の父親のように同心株持ってる役人がやってるところではマッポはまったく当てになりません、なこたすでに解ってたことですけど改めてだなあ。

アメリカなんかじゃ「やあ保安官!」とかいってお茶でも飲みに来るんですけど、いっさい来たこと無いし。


(2)連絡網や情報共有などの住民自治はまったく機能していない。


たぶん刃物を持ってうろついている男よりも、自分の田んぼのボウフラのほうが一大事なんでしょうな。


(3) 自分の身は自分で守るより他ない、他人は無視してとにかく自分だけ逃げる。

聞くところによると新幹線小田原あたりで刃物男に刺されて亡くなったかたがおられたようですが、ヘタな正義感は即死です。



市民の警察、市民の消防といった概念の無い日本に対して自警団といいますか西部警察っていうか、「市民の~XX」=シチズンなんとか言う言葉は日本には存在しない、

つまり自分らの身は自分ら市民が守るんだ、という気概は日本にはありません。つねに「お上が~!」、寝言言ってるだけで埒がまたったくあかない。

それは保安や治安といった分野にとどまらない、科学分野においてもそうです。

先日、わたしも夜中の日本からゴミデータ送りつけた、昨年のアメリカ太陽日食での市民科学結果、、NJITの助教、W2NAFによってまとめられ公開されました。

Solar Eclipse QSO Party First Results Published・・・HamSCI NJIT





かれもまだ若いんでいまひとつピント外してるのが惜しいんですが、アメリカは市民科学で世界一の先進国に発展した国です。 あそこは元は遅れた後進国だったの。

学者って狭いよな自分の専門以外、何もモノ知らないし、威張りたい、自分の保身しか考えてない、何の役にも立たないんで、われわれは学者連中の手から科学を取り戻さねばなりません。

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿