このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather

日刊 BF ニュース別巻 「JARL・斐川ビューローへの遙かなるドタバタ記
・・・と題して、柿本人麻呂からAKB48まで、歴史と世界を縦横無尽に旅するコラムを書いています。⇒こちら

2018/07/01

ようやくKH1/KH7Z祭りも終わりにおける、次回ブーベ島、3Y0ZのZSリモート攻略法について

アンテナもリグも無いといふことは実に幸せなことで、最初から最後までぜんぜんやってないKH1/KH7Zですが、無事終了なされたようで慶賀の至りです。

で、アマチュア無線芸術家としてとても気になったのがこれです↓。








この灯台にトリのマークってK1N、ナヴァサとおんなじじゃねーの?

、、、まあいいや。


今回のベーカー島はアメリカが報復関税の報復でEUに対してイヤガラセする、っていうのが目的だったんですけど、遠いEUからはこんなスットポが。






「EUからは、誰がアメリカリモートしてるで賞??!!」


まあまあそんなに怒らいでも。

いまは世界の各所からリモートするのはごく一般的です。JAのひとたちもK1Nはアメリカからやってます。

で、今回のKH1は、「JAは近場から呼んで来るんでしかたねえけど邪魔だよ!」、っていうんで日本からはかなりの人数のかたがゲットされたので良かったですが、問題は次回、2019年の3Y0Z、ブーベです。






昨年暮れから今年の節分まで、色々調査したんですがJAからのパスが無い。

今回のKH1、JAのせいで地獄を見たEUから報復されるのは見えてるんで、われわれ日本人としてどうするか?、、っていうと、



ブーベのご近所、ZSにJAの共有リモート建てる。



仄聞するところによると、失敗してドブに捨てた3Y0Zチームへのドネーションは、JA各局にもいくぶんかは返ってくるとの明るい話題もちらほら

そのオカネでFlexの1台にGP程度をJAが協同で買ってZSのどこかに置く。そして仲良く順番に交信してゆく。

いま、世界はブロック経済とかナショナリズムとか冷戦に逆戻りとか、さまざまな問題が勃発、物騒な中で、 これが世界友好的かつ平和的な解決法だと考えますが如何か?

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿