このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

【日刊 BF ニュース】
Be Forward !!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
⇒こちらからどうぞ。
Tweets
JF2IWL IBP beacon reception
#SolarWeather #SpaceWeather

日刊 BF ニュース別巻 「JARL・斐川ビューローへの遙かなるドタバタ記
・・・と題して、柿本人麻呂からAKB48まで、歴史と世界を縦横無尽に旅するコラムを書いています。⇒こちら

2018/03/16

オールアジアコンテスト2017 電信・電話 結果発表 (とりあえずどちらも入賞だが、やや問題有り)

クビを長くして待ち望まれていた結果が出たとの由にて。

何に出たのか、遠い昔なのでいまいち覚えてないんですが、どうだったかしらなあ?、と見ますと、


電信部門(KP4/ND1R)

常夏のプエルトリコ部門でした。JA局は7メガでカスカスでしか聞こえなかったですね。大西洋を越えて、アジアの西端を3局。

今から思えば、ハリケーンイルマの直前でした。

で?




あっと、なぜ同じ得点同じマルチなのに、同部門のWP3Eを差し置いて入賞マークなのか?、ログ提出のタイムスタンプが先だから?

同得点の場合の表彰規定、日本語ルールには書いてないし英語ページにも無いみたいだ。これはいささか問題がありそうですがHow?


電話部門(ND1R/6@サンノゼ)

これはアナ狙いでカリホルニアから3.8メガに出ました。

夏の盛りで、たしかシャック内温度が35℃以上も行ってKPA500がこけまくってた気がします。




JA局を6QSOで、アメリカのゾーン3で、おめでたく2局中のトップ。

海外局であるわたしはJARL会員じゃなくても賞状もらえるので、送付先の住所として、日本の住所を書いておきましたが、とくにWP3E局さまとの兼合いもありましょうから、もしJARL関係者のひとがこのブログ見てたら、先方さまの都合の良いように、適当にしておいてください。

↑ブログトップページへ

0 件のコメント:

コメントを投稿